【旨】米澤豚一番育ちとは
【旨】米澤豚一番育ちとは

美味しい食卓に、「米澤豚一番育ち®

いつも食べているお肉。本当に美味しいものを選んでいますか?味わって食べる生活が、命に輝きと喜びをもたらします。美味しさを追求して40数年、古き良き歴史の地、米澤でこだわり抜いて育てた豚だから多くの食卓に届けたい。お客様に笑顔の中でその美味しさを知ってもらうことが私たちの喜びです。


豊潤な美味しさが光る、「米澤豚一番育ち®
柔らかく上質な肉の味わいと、旨味と甘みの脂が特徴。

「米澤豚一番育ち」は美味しさにこだわり、ランドレース種と大ヨークシャー種を交配させた豚のSPF豚に、霜降りが特徴のデュロック種を交配させた「三元交配豚」です。肉の柔らかさ、甘さ、脂の旨味のバランスが良く、さっぱりとした上品な味わいが最大の特徴です。豚本来の旨さを追求した「米澤豚一番育ち」の美味しさは、豚の味を知り尽くしたお客様にも自信を持っておすすめできる究極の逸品です。


豊富なビタミンEが鮮度を保つ、ヘルシーな豚肉。

豚肉は良質なたんぱく質やビタミンを含むことで知られています。なかでも「米澤豚一番育ち」は、飼料、品種、管理、育て方など多方面からこだわり、特にビタミンEの強化を図っており、飼料中に10倍、肉中で通常の豚肉の2.7倍ものビタミンEを含んでいます。美肌や若さを保つ働きがあるといわれているビタミンEを多く含有することで、豚肉そのものの酸化が抑えられ、食卓に並ぶまで肉汁と旨味をたっぷりと含んだ新鮮な状態を保ちます。



きめが細かく風味のあるリブロース

柔らかく濃厚な味わいのある豚バラ

さしが入ったとろける豚トロ